【令和2年4月制定】大和市おもいやりマスク着用条例

更新日:2022年10月18日

ページID : 10140

新型コロナウイルスをはじめとする感染症を拡大させないため、「大和市おもいやりマスク着用条例」を令和2年4月16日に制定しました。
大和市の調べによると、このような条例の制定は、全国初の取り組みとなります。

※現在、国は基本的対処方針を改訂し、マスク着用に関する新たな考え方(※詳細はページ下部を参照)を示しております。

条例の趣旨

大和市では、令和2年4月、新型コロナウイルスやその他の感染症等に際して、必要によりマスクを着用することにより、感染の予防や拡大防止を図るとともに、周囲の人への気配りという観点から思いやりあふれる社会の実現に資することを目的として「大和市おもいやりマスク着用条例」を制定しました。

内容

感染症等のまん延が予測される場合や、すでにまん延しているときなど、マスクを着けることで、周囲の人のことを思いやる心を大切にしながら、感染予防に努めるものです。

  • この条例は、感染拡大を防ぐために、市民の皆様にマスク着用の協力を求めるものであり、罰則などはございません。
  • 個々人の諸事情によりマスクの着用が困難な方がいらっしゃることについて、ご理解をいただきますようお願いいたします。

マスク着用について

国はマスク着用の考え方について、以下の通り示しております。

                    内閣官房ホームページ(基本的対処方針※1に基づく対応)より

※1 令和4年5月23日改正 

○屋外では季節を問わず、マスクの着用は原則不要。
○屋内では距離が確保でき、会話をほとんど行わない場合をのぞき、マスクの着用を推奨。

場面に応じた適切なマスクの着脱をお願いします。      

厚生労働省ホームページ

関連資料

関連リンク

この記事に関するお問合せ先

健康福祉部 医療健診課 健康診査・がん予防・新型コロナウイルス対策係
〒242-8601 大和市鶴間1-31-7 (保健福祉センター4階 案内図
電話:046-260-5662

お問合せフォーム