大和市がん患者等ウィッグ購入費助成事業

更新日:2022年02月03日

ページID : 6695

 国立がん研究センターの最新データによれば、日本では生涯でがんに罹患する確率は、男性で約60%、女性で約45%と言われています。つまり、およそ2人に1人はがんになる可能性があることになります。
 市では、がんの早期発見のために、これまで胃がん内視鏡検診や、乳がん超音波検診の導入、がん検診無料クーポン券の対象拡大など、がん検診の充実を図ってきました。これらに加えて、がんと闘っている方への支援も重要であると考え、抗がん剤治療等によって脱毛が生じた方への精神的苦痛の緩和を目的として、ウィッグ(かつら)購入費用の助成を行います。

助成について

助成対象となる方

次のすべてにあてはまる方が対象です。

  1. 抗がん剤治療等の副作用に対処するためにウィッグを購入した方
    (注意)抗がん剤治療等の副作用による脱毛は、治療後おおむね1年以内で回復するとされていることから、治療から1年以上経過している方については、医師の診断書等の提出をお願いすることがあります。
  2. 申請をする日までに1年以上大和市に住民登録のある方
  3. 市税等の滞納がない方
    (注意)滞納があっても既に分割等で納付履行中の方、分割納付誓約書を提出した方は対象です。
  4. 対象者の属する世帯で、最も所得の多い方の市民税の所得割の額が46万円未満の方

助成金額

助成金額は、ウィッグ購入費用の9割(1円未満の端数切り捨て)または上限3万円のいずれか低い方の額です。

  • ウィッグ本体と保護ネット(各1点)の購入費用が助成の対象です。その他の付属品やケア用品は対象となりません。
  • 民間のがん保険やNPO法人などから、ウィッグ購入費用の助成を受けている場合は、その額を除いた額となります。

申請の手続きについて

 この助成申請では、対象者と同一世帯の方の課税状況を確認させていただきます。この点について、ご世帯全員の同意の上、ご申請くださいますようお願いいたします。

(注意)書類等審査のため、交付を決定するまで2週間程度かかります。その後、請求書をご提出いただいてから約1か月でお振込みとなります。書類が不足している等の場合は、それ以上のお時間をいただくこともありますので、ご了承ください。

申請期限

ウィッグを購入した日の翌日から1年以内

申請回数

申請できる回数は対象者一人につき1回まで

提出書類

  1. 大和市がん患者等ウィッグ購入費助成交付申請書 …書式のダウンロードは下記「大和市がん患者等ウィッグ購入費助成金交付申請書」ファイルをご覧ください
  2. ウィッグを購入した金額の明細がわかる書類 …領収書等
    • ウィッグ本体・保護ネットの金額の明細が記載されていること
    • 購入した日付が記載されていること
  3. 脱毛の副作用がある抗がん剤治療等の受診を証明する書類 …診療明細書、お薬手帳等
    • 助成対象者の氏名が記載されていること
    • 発行日が記載されていること
      (注意)ウィッグ購入時の脱毛症状と治療との因果関係が、診療明細書等で確認できない場合は、別途医師の診断書等の提出をお願いすることがあります。
  4. 照会同意書 …書式のダウンロードは下記「照会同意書」ファイルをご覧ください。
    (注意)世帯全員分の記名・捺印が必要となります。
  5. 他からの助成の金額がわかる書類
    • (注意)他からの助成がある場合に必要となります。
    • (注意)その他申請に必要となる書類があることがあります。その場合には担当者が別途ご案内いたします。

窓口で申請する場合

医療健診課の窓口で申請の受付をしております。

場所

 保健福祉センター 4階(大和市鶴間1-31-7)

持ち物

 提出書類一式、印鑑

郵送で申請する場合

ご郵送による申請も受付いたします。

申請書類の送付先

 〒242-8601 大和市医療健診課 宛

(注意)住所記載不要

この記事に関するお問合せ先

健康福祉部 医療健診課 医療施策推進係
〒242-8601 大和市鶴間1-31-7 (保健福祉センター4階 案内図
電話:046-260-5661

お問合せフォーム