「安心して外出しよう!GPS体験会」を開催しました

更新日:2023年08月31日

ページID : 19644

認知症の症状として、目的があって外出をしても、自分の居場所が分からなくなり道に迷ってしまうことがあります。

市では、GPS端末を利用して、ご家族がご本人の居場所を調べることができる「はいかい高齢者等位置確認支援事業」を行っています。

認知症に対する正しい知識の普及啓発や、当事業の利活用の促進を目的として、令和4年11月7日(月曜日)、「安心して外出しよう!GPS体験会」を開催しました。

体験会は、上草柳・中央地域包括支援センターで定期的に開催している認知症カフェ「みのりカフェ」の参加者を中心に、認知症の本人や家族、地域住民、約30名が参加し、GPS端末を実際に利用し、居場所検索を模擬体験しました。

当日のスライド(抜粋)

当日のスライド(抜粋)

GPSを利用してお迎えにいきましょう

スマホで居場所を検索します

お迎えに出発

無事に会えました

参加者の感想等

・必要な時は登録してみたい

・他の人は知る機会がないと思う
・近所の人や友人など相談を受ければ伝えられると思った

・インターネットとか情報機器は苦手意識がある
・操作が良くわからないと心配
・居場所が一回だけで見つからない場合もあると思うので、再検索や更新の手順を確認しておきたい
・コールセンターで検索してもらうこともできると言われたが、そこまでするのは手間に感じる

「はいかい高齢者等位置確認支援事業」の事業詳細については、下記リンク先をご覧ください。

この記事に関するお問合せ先

健康福祉部 人生100年推進課
〒242-8601 大和市鶴間1-31-7 (保健福祉センター5階 案内図
長寿福祉係:046-260-5611
いきいき推進係:046-260-5613
認知症施策推進係:046-260-5612

お問合せフォーム