「作品展 認知症とともに」を実施しました(令和5年9月29日)

更新日:2023年10月05日

ページID : 21071

令和5年9月29日に実施した認知症シンポジウムと同日、サブホールで認知症の本人の作品展「作品展 認知症とともに」を実施し、250名を超える多くの方々にご来場いただきました。

絵画、貼り絵、陶芸、写真など、それぞれの個性があふれる作品が集まり、認知症とともに、今を前向きに楽しむ様子が伝わる作品展となりました。

プロの芸術家がつくったのでは?と思わせる作品も少なくなく、驚きの声も聞かれました。

今回の作品展は、作品を作られた認知症の人とそのご家族、福祉施設の方々から多くの喜びの声もいただきました。

認知症の人が作品制作に取り組むシーンを含めて、「作品展 認知症とともに」の様子をご紹介します。

 

「作品展 認知症とともに」会場の様子

「作品展 認知症とともに」

多くの方にご来場いただきました

それぞれの個性あふれる作品が集まりました

作品制作の一コマ

作品展の題字も自分たちで考えました

陶芸にチャレンジ

熱中して制作に取り組みました

タブレットを使いこなします

この記事に関するお問合せ先

健康福祉部 人生100年推進課
〒242-8601 大和市鶴間1-31-7 (保健福祉センター5階 案内図
長寿福祉係:046-260-5611
いきいき推進係:046-260-5613
認知症施策推進係:046-260-5612

お問合せフォーム